もやもやした気持ちも吐き出したい

最近クラウドワークスでお仕事を探してます。

といっても、たいしたスキルも持っていないのでタスクでの作業がメインです。

「Schoo」というサイトにクラウドワークスの会員向け初心者講座があったので動画をみたりして勉強もしています。

ライティングや音声起こしの仕事も受けたい(けど経験が無くて不安)。

石橋を叩いて叩いて叩いたあげく渡らない性格をなんとかしたい。

あとは勇気だけだ!

 

 

私がクラウドソーシングで収入を得たい理由はいくつかあるのですが、やはり「時間や場所に縛られないノマド的な生活がしたい」というのが大きいです。

旅するように暮らす、が人生の目標なので!

日本中旅しておいしいお酒と料理を紹介して回りたい!

 

まずは低単価の仕事でもこつこつ実績を積んでいくのが今やるべきこと…。

初めから上手くはいかないとわかってはいても、なかなか思うような活動が出来ないのでもやもやしております。

 

もやもやするのは自分の強みってものがよくわかってないからかな、というのもあります。

私の周りのいわゆる「仕事できる人」の共通点は社会に出る前に死ぬほど自己分析したということ。

「私のやりたいことはこんなことです、持っているスキルでこんなことが出来ます、こんなことが得意です」と自信を持って言える人になりたいな。

 

こういったもやもやを記事にするのは抵抗があったのですが、もがいてあがいた記録も残しておいてほうが良いかなと思うようになりました。

いつか同じようにもやもやしている人のための情報を発信します(と宣言してみる)。

 

道のりはまだまだ長いぞ、がんばれ私。

 

 

 

福島でみた避難所の実情

はてなブログさんから「1カ月ブログ更新してないよ~」とお手紙が来ました。

お知らせしてくれるのありがたい。

というわけで先日福島へおでかけしたときのことを書きます。

 

この前の1月、とあるプログラムに参加して福島へ行ってきました。

国の東北復興支援事業の一環ということでしたが、普段旅行らしい旅行などまったくしない人間なので純粋に見知らぬ土地を訪れるのは楽しかったです。

地元の企業さまを訪問してお話を伺ったり、福島のおいしいお料理やお酒をいただいたりと、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。

 

個人的に印象に残っているのは「いわき・ら・ら・ミュウ」という施設を見学した時の事です。

1階は海産物やお土産品などが売られていましたが、2階では震災やその後の復興事業についての資料が展示されていました。

 

その中でも特にショッキングだったのが、「体育館の床にブルーシートを敷き、段ボールの簡易的な仕切で区切られた避難所の状況」を実物大で再現したもの。

テレビのニュース番組などで映像を観て知っていたはずなのに、実際にこの目で見ると言葉にならないような衝撃を受けました。

f:id:helena3N:20180228034654j:plain

このような環境で過ごす方々の身体的、精神的ストレスは計り知れません。

 

日本で暮らす以上、地震や豪雨などの災害は常に隣り合わせです。

災害を起こさないようにするのは不可能なので、大事なのは被害をいかに最小限に抑えるか、災害が起こった後どうするか、になります。

2016年の熊本地震では、避難所の環境の悪さから車中泊を選び、エコノミークラス症候群になってしまったという話も聞きました。

被災者の方が「これから」を考えるためには、身体を休めたり心を落ち着かせることが出来る空間が必要不可欠です。

安心して眠れる場所がないのは、とてもつらいことだと思います。

 

世界に目を向ければ、様々な理由でそれまで住んでいた場所を離れざるを得なくなり、難民として生活している方もたくさんいます。

災害の多いこの国で、被災した方々が安心して過ごせる空間をデザインすることは、日本だけでなくそういった世界中の困っている人たちへの支援にも繋がるのではないかと思います。

 

東日本大震災の発生した当時、私は高校を卒業して建築の学校に進学するというタイミングでした。

坂茂さんがデザインした海上輸送用コンテナを利用した仮設住宅がネットで紹介されていて感動したのを覚えています。

http://www.shigerubanarchitects.com/SBA_NEWS/SBA_van_p2.htm

(↑これめっちゃ良くないですか、シンプルで合理的、平常時で住みたい、好き)

コンテナハウスをデザインした坂さんは、熊本地震の際、紙で出来たポールと布を使った間仕切システムを避難所に設営する支援もされています。

http://www.shigerubanarchitects.com/works/2016_kumamoto-PPS4/index.html

 

「そもそも地震大国ニッポンのくせに避難所のこと考えてなさすぎじゃない?おろそかすぎじゃない?」

というのがら・ら・ミュウで展示を見ての素直な感想です。

公立の小中学校の体育館は、自治体から避難所に指定されているのにそのように使用する前提で設計されていないのでは…エアコンがないとかありえないでしょ…生死にかかわるでしょ…

今回記事を書くにあたり「その辺実際どうなの?あれから7年も経ってるし、さすがになんか変わってるよな」と思ったので少し調べてみようと思います。

近いうちにまとめてまた更新したいです…

 

なんだかシリアスっぽい話になってしまいましたが、ら・ら・ミュウは良いところなのでぜひ行ってみてください。

www.lalamew.jp

近くにアクアマリンふくしまもありますよ。

f:id:helena3N:20180228043604j:plain

あと海沿いにあるのでかもめさんを近くで見ることも出来ます。かわいい。

 

あらゆるモノを管理できるアプリ「monoca」が持ち物の棚卸にぴったり

更新頻度が低すぎて自分でもひいていますけれども、なんとか生きています。

記事にしようと思ったことを少しずつ消化していこう…。

 

というわけで、Twitterで見かけてこれは!と思った「monoca」というアプリについて。

monocaは持っているものや欲しいものなど、あらゆる「モノ」を管理できるというものです。

無料版とプレミアム版とあって、とりあえず無料版を使っています。

無料版は登録できるモノの数が100個まで(うろおぼえ)なのですが、持ち物を厳選したいミニマリスト志向の人にはかえってそれが良いような。

これは自分にとって本当に必要なモノか、monocaに登録するという手順を踏むことで考え直すきっかけになりますよね。

あらかじめ設定されているカテゴリの他に、自分でカテゴリをつくることもできるので個人的にはちょうどいい自由度だなと思います。

「登録数が増えると動作が重くなったり落ちたりする」なんてレビューもあったのが少し不安ですが…

「自分の持ち物をmonocaに全部登録する」と自然と100個に収まるわけですから、目標としてはわかりやすい。

時間のあるときにぽちぽち登録しています。

 

-monoca公式サイト-

https://www.sola-air.com/monoca/

 

 

楽しもう人生 泣きながらでも

25歳の誕生日は、いつもより静かな雨の日になりました。

相変わらず実感はあまりないけれど、またひとつ歳をとり。

 

自分を変えるって決めたんだ、なりたい自分になるって決めたんだ。

楽しもう人生、泣きながらでも。

ばらばらに壊れた自信を取り戻していこう。

いつか自分みたいに苦しんでいる人の助けになれるくらい、強くなろう。

自分を好きになれるように頑張るのだ!

 

 

あと1ヶ月切りました。

看病していた猫を見送ったり、家族との関係に悩んだり、母がケガで入院したり。

複数の人から「これからどうするの?将来どうしたい?」と聞かれたり。

誕生日まであと100日!と言って始めたこのブログもろくに更新出来ないままあと1ヶ月を切ってしまいました。

このままではまずい、ということだけはわかる。

私の場合考えが散乱しがちだから、こまめに文章にすることで思考を整理していったほうがいいんだろうな。

(そのためにブログを開設したんじゃなかろうか)

手書きのノートにはとりとめもなく書き殴った文章がたくさんあるので、それをまとめて当面の指針にしよう。

 

・すぐ出来ること、する必要があること

いつまでも考えてないでとりあえず動け、ひとつずつタスクを確実に消化していく。

・具体的な目標(締切)を設定して達成すること

すぐには出来ないけど期日を決めて準備だけでも進めておく。

・やりたいけど今は優先度を下げること

やりたいこと全部は出来ないんだから、今は我慢する。

 

気分がハイな時は調子にのって、あれもこれもやりたい!楽しそう!となってしまう脳をしているので、とりあえずこの3段階くらいに分けてリストを作成すれば作業がはかどる気がする。

あとは「意識的にしない」ことを決めよう。ついだらだらしてしまいがちな時間を最小限にする。タイマーを活用するのもいいかもしれない。

などと当たり前のことを家族が寝静まった深夜に改めて確認。

深夜って静かだから落ち着いて色々出来ますよね……。

今日から10月が始まった、再スタートにはいい機会だ、がんばろう。

 

夏だ、汗かこう。-おうちで踏み台昇降はじめました-

 バケツリストにも書きましたが、痩せたいです。痩せなきゃな。

真面目にダイエットを考えなければならない体型……。

元々出不精(だから太るのよ)なので、家の中で出来るトレーニングはないかなと探していたところ、踏み台昇降運動が良さそうだなと。

 

というわけでさっそくはじめてみました、踏み台昇降

iPhoneのタイマーを30分に設定して、踏み台昇降スタート。

TVを観たり、音楽を聴いたりしながら運動できるのが踏み台昇降の良いところです。

イヤホンで音楽を聴きながら外を走るのは危ないですからね。

家の中だから日焼けもしないし、雨の日でも出来る。

(私のような意志の弱い人間は1日休むと再開するのが困難なのであります)

30分たった頃には少し息が上がって汗だくになります。

良い汗かいたぜ!と気分も爽快。

一旦水分補給など休憩をとり、余裕があればもう1セット、という感じで行っています。

iPhoneを手に持って運動するので、歩数も計測してくれます。

私の場合は30分1セットで3000歩に届かないくらいでした。

3セットすれば1日の合計歩数が10000歩くらいになるので、しばらくはそれを目標に続けていきたいと思います。

 

それまでは脚のむくみがひどかったのですが、踏み台昇降で改善しました。

むくみの原因はリンパの巡りが悪くなって、身体に老廃物が溜まってしまうこと。

リンパ管の周りの筋肉を動かすことで、リンパの巡りがよくなるんですね。

いかに今まで運動不足だったかがわかりました。

一定のリズムで運動すると、セロトニンが活性化してメンタル面にも良い影響があるそうです。

いいことづくめじゃないか、踏み台昇降

 

私は家の階段(の一番下の段)でやっているので高さは15cmくらいですが、最初は5cmくらいからスタートするのがいいみたいです。

案の定ふくらはぎがちょっと痛い。前後のストレッチ大事!

 

 

運動と食事制限でどれだけ減らせるだろうか(なにせ今まで続いた試しがない)。

減らせるだろうか、じゃないよ、減らすんだよ!

と自分に檄を入れつつ、踏み台昇降もう1セット、頑張ってきます。

 

BUCKET LIST -死ぬまでにやりたい100のこと-

  • BUCKET LIST -死ぬまでにやりたい100のこと-

 

少し前に色々な方がこのリストをつくって人生を楽しんでいるということを知り、私もつくってみたくなりました。

引き寄せの法則っていうのかな、宣言するって大事らしいですね。 

(実はこのリスト、5月の中旬から作りはじめまして、そのすぐあと生まれて初めてオオミズアオに出会うことが出来ました!嬉しかった~!)

 

  1. ホットサングリアを飲みながら星空を眺める。
  2. 夢の島熱帯植物館で蝶と戯れる。
  3. 本物の生きているオオミズアオを自分の手に乗せる。
  4. ハナカマキリを実際にみる。
  5. セミの羽化を実際にみる。
  6. 野生のクジラに会いに行く(ホエールウォッチング)。
  7. 猫カフェに行って猫と戯れる。
  8. (爬虫類カフェに行って)ヘビやトカゲと戯れる。
  9. 猛禽類カフェに行って)タカやフクロウと戯れる。
  10. 自分のハンドクラフト作品を販売する。
  11. ハンクラ系のワークショップを開催する。
  12. BMI22以下、体脂肪率20%以下になる。
  13. スキニージーンズと白シャツが似合う人になる。
  14. 鎖骨美人になる。
  15. 歯並びと咬み合わせをきれいにする。
  16. ノマドワーカーになる。
  17. 本を1000冊読む。
  18. Perfumeのライブに行く。
  19. ももいろクローバーZのライブに行く。
  20. かわいいクロスバイクを買う。
  21. 自転車ツーリングでソロキャンプをする。
  22. 自分で薪を集めて火起こしをする。
  23. 自分で魚を釣って料理して食べる。
  24. 着物でお茶会に参加してお茶をいただく。
  25. 耳かきサロンに行って耳かきをしてもらう。
  26. 日本酒を100種類飲む。
  27. 酒蔵に行ってお酒をいただく。
  28. 梅酒を仕込む。
  29. ひとりで静かにおいしいお酒が飲めるようなお店を見つけて行きつけにする。
  30. すてきなお花屋さんを見つけて行きつけにする。
  31. アフタヌーンティーで優雅な時間を過ごす。
  32. プラネタリウムに行く。
  33. ジビエ料理を食べる。
  34. カエルを食べる。
  35. 昆虫食を食べる。
  36. 水耕栽培で野菜を育てて収穫する。
  37. 佐賀の嬉野で温泉に入る。
  38. 京都の金平糖専門店でお買い物する。
  39. Mさんに会いに行く。
  40. Kさんに会いに行く。
  41. 大阪でたこやきを食べる。
  42. 宮城の仙台で牛タンを食べる。
  43. 宮崎でチキン南蛮を食べる。
  44. 北海道で海鮮丼を食べる。
  45. 沖縄のきれいな海でたそがれる。
  46. 船を使って旅行する。
  47. 寝台列車を使って旅行する。
  48. 両親に旅行をプレゼントする。
  49. 祖父母に旅行をプレゼントする。
  50. 家族に回らないお寿司をごちそうする。
  51. 実家をリフォームする。
  52. スカイダイビングをする。
  53. 熱気球に乗る。
  54. もう1度弓道を始めて段位を取る。
  55. イタリアのヴェネチアでゴンドラに乗る。
  56. ドイツでヴルスト食べてビールを飲む。
  57. フランス・ロンシャンの礼拝堂を訪れる。
  58. フィンランドで白夜を体験する。
  59. オーロラを実際にみる。
  60. 座禅体験をする。
  61. 滝行をする。
  62. 最高においしいカレーをつくって誰かに食べてもらう。
  63. 「なんか楽しそうなことしてるね」と思われる人になる。
  64. 「会いたい」と言われる人になる。
  65. ルービックキューブを6面そろえられるようになる。
  66. メイド服を着て家事をする。
  67. 日常会話程度の英語を喋れるようになる。
  68. アルファベットの筆記体をマスターする。
  69. TOEICまずは500点。
  70. オーダーメイドで服を仕立ててもらう。
  71. 一生モノの万年筆を買う。
  72. きれいな字が書けるようになる。
  73. コーピングリスト100をつくる。
  74. かっこいいトランクケースを買う。
  75. 持ち物をトランクひとつに収める。
  76. カプセルホテルに宿泊する。
  77. ゲストハウスに宿泊する。
  78. ソーシャルアパートメントで暮らす。
  79. ソーシャルアパートメントかゲストハウスを運営する。
  80. 普通自動車の運転免許をとる。
  81. WEBデザインの知識を身に付ける。
  82. ブラインドタッチをマスターする。
  83. インテリアコーディネーターの資格を取る。
  84. 二級建築士の資格を取る。
  85. 髪の毛を寄付する。
  86. 動物や自然の保護団体を支援する。
  87. エンディングノートをつくる。
  88. 自分が死んだ後の処理を任せられる人を見つける。

 

100のこと、と言いつつ100ありません……。

だいぶ頑張りましたが、100は多いね。

しかし、こうしてリストアップすることで自分がどんな人間なのかわかりやすくなりました。

やはりアウトプット大事だなと実感。

出来るだけ具体的に詳しく書くほうがビジョンもはっきりしますね。

数字を入れてみたり、どこかに行く系はその場所で何をしたいかも書いたり。

(全体的に飲み食いが多いぞ、くいしんぼうめ!)

とりあえず現時点でのリストということで、やりたいことが増えたら追加したり、今後もブラシュアップしていこうと思います。